住まいの見積と図面住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●見積を取れ(注文住宅)
見積の手順
見積書の見方
図面と見積書の関係
プロの見積査定
諸経費って何?
坪単価も実はいろいろ
今までの建築コストの推移

●見積を取れ(建築条件付)
見積の手順
見積書の見方
図面と見積書の関係
建築条件付の見積の特徴

●ローコストの心得
坪単価の目安は建売住宅
見栄、体裁を捨てて・・
変更、追加は損!
建物の形とコスト要素
定価と値引率のカラクリ
時間を武器に使え!
途中で諦めるな

●値引きのツボ
値引きはいくらまで可能か
値引きは織込み済みを
知っておこう

値引率で判断するな!
精一杯の値引きです

●住宅価格の裏側
住宅価格 4つの特徴
単価比較は意味が無い
価格の主導権はどっち
オープン価格と設計価格
仕切り値と値付け

●見積ミニ知識
坪数水増しテクニック
目くらましテクニック
見積は誰もわからない
見積はポーカーゲーム
HM別、坪単価の傾向
予算提示はすべきか?


 

建設コストは、上昇傾向

 下の図は、国交省が発表している「注文住宅の建設工事費と消費者物価」の推移を19977年から2019年までの推移をグラフにしたものです。2005年をゼロとしていますが、
実し、建設工事費は上昇傾向です。

 別の角度からもう少し細かく、国交省が集計している別の統計では、平成23年度(2011年)を基点に住宅の工事費は急激な上昇傾向にあります。
上のグラフと比較すると、少しズレがありますが、それでも2005年を基点に5%程度建設コストが上昇したあと、数年間は落ち着いていたのですが、2012年頃から急激に右肩上がりの上昇を見せています。


 さらにフラット35を利用した人の統計では、2011年の坪単価と2019年の坪単価の上昇率を見ると、平均的に1.27倍の上昇を見せています。
注:黒字はフラット35の統計値のまま。赤字はこちらで計算した数値です。


注文住宅と建売との違い (国交省資料より)

 注文住宅の建設コストと建売住宅の所要資金を比べてみると、下のグラフのように、どちらも上昇傾向にあるものの、注文住宅、すなわち建築コストの上昇が目立ちます。
 土地もついている建売住宅に比べて、工事費の上昇が著しいようです。


  見積もり(注文住宅)
住まいの水先案内人・エンドパネル