断熱、結露、シックハウス-断熱と暖房住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去100年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
省エネ住宅は当たり前
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱基準の歴史と記号
地域区分と断熱基準
断熱の方法と場所
断熱材料、性能とコスト
・断熱材のいろいろ、施工特性
・ZEH(ゼッチ)の基礎

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材への疑問と実験
熱に関する基礎知識
遮熱材のポイント

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
発泡ウレタン断熱の盲点
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱


 

 

 

■省エネ住宅は6割を占める
 2017年の統計によれば、住宅の約60%は、「省エネ住宅」で建てられているそうです。
 そういえば大手ハウスメーカーは言うに及ばず、年間100棟程度は建てる中規模ハウスメーカーや建売業者でも、もはや「省エネ住宅」は当たり前です。
 注:ここで言う省エネ住宅とは、性能表示における「断熱等級4」以上の住宅の事です。

★延床面積300u越えは適用義務化
 300u未満は、説明の義務化

 また、現在では延床面積300u以上の住宅は、省エネ基準の適用義務化が始まり、300u未満の戸建て住宅のような小規模な住宅でも、建築士はその住宅の省エネ性能を建築主に説明する義務が課せられました。

 言い換えると、現行では延床面積300u未満の住宅では、どの程度の断熱性能を付加するかは建築主の任意となっています。

  住宅の耐震性能の向上は一段落し、今後は住宅の省エネ化でしょうか。
 そう。省エネ住宅は当たり前の時代になろうとしています。

断熱性能の流れ
★昭和55年→平成4年→平成11年と改正続く
 住宅の断熱性能の基準が始めて示されたのは、昭和55年で、当時の断熱性能を現行の住宅性能表示制度では「等級2」としています。
 そして、平成4年の「新省エネルギー基準」、平成11年の「次世代省エネルギー基準」とどんどん性能の強化が図られました。

★平成25年計算方法の全面改正、2本立ての等級基準(一次エネルギー消費量等級の新設)
 平成25年に計算方法などの改訂が行われ、また、新たに「一次エネルギー消費量等級」というものも新設されました。その後、27年にも小改正をして、現在の「平成28年基準」が確定しました。
 とは言うものの、断熱性能そのものは、平成28年基準も平成11年基準もほぼ同等の性能です。

 一次エネルギー消費量等級は、現在のエネルギー消費基準よりも10%程度一次エネルギー消費量が低い住宅を「一次エネルギー消費量等級5」としています。現行の「低炭素住宅」がそれに当たります。
 「断熱等級5」というのはありませんが、いわば「断熱等級4」の上をいく性能と言えます。

     

★ZEH住宅(ゼッチ住宅、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)
 そして現在、政府が力を入れているのが、ZEH住宅(ゼッチ住宅・ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)です。
 ZEK住宅は、建物のより高い断熱化を計り、かつ、省エネ化した住宅設備を用い、再生エネルギーの活用などを行って、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅です。
(注:一次エネルギーとは自然界の加工されていないエネルギーのことで、電気やガソリンは二次エネルギーと言います)

 ZEK住宅は、「ZEK住宅」、「ZEH住宅+」、「次世代ZEH住宅+」という3つの省エネ性能の違いに分かれ、それぞれに補助金の額が異なるようになっています。

また、別の視点からは、「LCCM住宅(ライフサイクルマイナスカーボン住宅)として、住宅の先決から解体破棄までの一生涯を通じてCO2の収支をマイナスにする住宅の基準も設けられています。

政府が力を入れる補助金

 このような事から、ZEH住宅、LCCM住宅の普及促進を目指して、国土交通省、環境省、通商産業省など3つの省を縦断する形で補助金制度が作られています。

 そして、政府は2030年には、「ZEH住宅」が住宅の半分程度なっているような施策を続けていくようです。

注:補助金の額は年度により変化することが多く、具体的に補助金の額はリサーチをしてみてください。

「省エネ住宅」というネーミングについて

 「省エネ住宅」という言葉は極めて曖昧な言葉ですね。
 どれをクリアすれば「省エネ住宅」なのと思ってしまいます。

 このサイトでも、「省エネ住宅」「平成28年基準」等々、言葉について統一されておらず、いくつかの用語を使っています。
 これは、上の「断熱性能の流れ」でもあるように、平成25年の改正までは、その当時のもっとも高い断熱性能を表す基準が「次世代省エネルギー基準」となっており、「省エネ住宅」とは、「次世代省エネルギー基準」をクリアした住宅だと言えたのですが、平成25年の改正以降、ZEH住宅なども新設され、「省エネ住宅」の定義が曖昧になっていた時期がありました。

 現在では、「省エネ住宅」というネーミングが、現行の「断熱等級4」であるという位置づけになり、一般的に目標とすべき省エネ性能の基準となっているようです。

 そして、以前使われていた「次世代」というネーミングは、「ZEH住宅」のなかのより省エネ度の高い住宅である「次世代ZEH住宅」というようなランク付けに使われています。


  断熱を考える前に  
住まいの水先案内人・エンドパネル