断熱、結露、シックハウス-断熱と暖房住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去100年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
省エネ住宅は当たり前
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱基準の歴史と記号
地域区分と断熱基準
断熱の方法と場所
断熱材料、性能とコスト
・断熱材のいろいろ、施工特性
・ZEH(ゼッチ)の基礎

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材への疑問と実験
熱に関する基礎知識
遮熱材のポイント

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
発泡ウレタン断熱の盲点
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱


 

 

 

 この暑さ、いつまで続くだろう。
 今年だけの異常気象だろうか。
 夏になるといつも思います。

 さて、そんなもやもやもを一気に吹っ飛ぶ現実のデータ。
 いえいえ、そんな生やさしいものではありません。
 驚愕のデータをご紹介しましょう。
 下の表は、気象庁が気温データを取り始めた1876年(明治9年)から2020年までの年ごとの気温データです。。

 東京は、1876年(明治9年)から、大阪と名古屋市は、開始年が少し遅くなっています。

 データは、毎年の8月の最低気温の平均値を左から、東京、大阪、名古屋と並べています。そして、右側は2月の最低気温の平均です。
注:最低気温の平均値とは、8月の31日間。2月の28日間のそれぞれの日ごとの最低気温をその月の日数で割った月としての平均値のことです。簡単に言えば最低気温が25℃を超える月は、少なくともその月の半分以上の日は熱帯夜だったと考えればわかりやすいですね。

また、わかりやすくするために
8月のデータは
25℃以上の年は橙色
25〜23℃の年は水色
23℃以下の年は青色
で示しています。

2月のデータは
3℃以上の年は黄色
3〜0℃の年は水色
0℃以下の年は青色
で示しています。

さらに。○回と書いているのは、8月の場合は、10年間で25℃以上あった年の回数。
たとえば、その10年間に25℃以上の年が5年あれば5回と書き、 2月は3℃以上となった年の回数を10年当たり何年(何回)あったかをそれぞれ書いています。

 

■顕著な気温上昇
 この表からわかることは、東京では8月の平均の最低気温が25℃以上の熱帯夜となった年が、1970年代で2回、1980年代も2回、そして、以降4回、3回となっています。2010年〜2020年は5回に増えています。
 大阪は東京よりも早く、25℃以上の年は1950年代から始まっており、2000年代にはその回数は10年のうちの9年。2010年代は10回に増えています。
 名古屋も1990年代から始まっています。
 そして、東京、大阪の回数を見れば、明らかに回数が増える傾向にあるのがわかりますね。

■なぜ最低気温を見たのか
 気温上昇であれば、最高気温がどう高くなっていったのかを見るのも一つの方法ですし、平均気温がどう推移していったのかを見るのも一つの方法ですが、ここでは逆説的に、暑い月の、あるいは寒い月の最低気温がどう上がっていったかを調べています。

都市と地方の差はない

 上は、東京・大阪・名古屋のいわゆる三大都市だけのデータです。
 では、これがいわゆる都市化によるヒートアイランド現象で、都市部だけが特に気温上昇しているのだろうか、地方都市はどうだろうか。

 気になりますね。

■1920〜1929年 VS 2000〜2009年の比較
 下のデータは、2000年から2009年までの10年間の平均値と1920年から1929年までの10年間の平均値を比較しました。(80年の差があります) 比較対象は、8月の最高気温。8月の最低気温。そして、2月の最低気温です。つまり、夏と冬ですね。○の中の数値は、温度差、つまり比較した80年間に上昇した気温です。

     

見ればわかりますが
@都市と地方に関係なく、気温は上昇しています。
A夏よりも、冬の最低気温の上昇が顕著です。
B夏でも、最高気温の上昇よりも、最低気温の上昇の方が顕著です。


■2000〜2009年 VS 2010〜2019年の比較
 さらに直近のデータも比較してみました。
 下の図は、2000〜2009年の10年間と、2010〜2019年の10年間を比較したものです。
 つまり、21世紀にはなってからの状態です。
 気温が上昇していれば赤字、下降していれば青字です。

     

 確かに、下降している都市もありますが、多くの都市が気温上昇しています。

将来は・・・・。

 では、
 
これからさらに20年経ってどうなっているのでしょうか。

 地球温暖化が叫ばれて久しく、政府は脱炭素に躍起になっています。
 そのおかげか、現在では省エネ住宅(断熱等級4を満たす住宅、以前の高断熱高気密住宅、あるいは一昔前次世代省エネルギー住宅といわれた住宅)は、全住宅の6割を占めるようになりました。

 高性能な省エネ住宅を求める。
 それは、脱炭素社会などと言う政府のお題目など関係なく、自分たちが快適に過ごすための時代の必然では無いでしょうか。


  気温についての大きな誤解  
住まいの水先案内人・エンドパネル