断熱、結露、シックハウス-断熱と暖房住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去100年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
省エネ住宅は当たり前
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱基準の歴史と記号
地域区分と断熱基準
断熱の方法と場所
断熱材料、性能とコスト
・断熱材のいろいろ、施工特性
・ZEH(ゼッチ)の基礎

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材への疑問と実験
熱に関する基礎知識
遮熱材のポイント

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
発泡ウレタン断熱の盲点
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱


 

 

 

部位の違い

 このページでは、実際に使われている断熱を具体的な写真でご紹介をします。


・床に使われる断熱の代表格は、発泡プラスチック系ですね。昔はコストと床組の関係でグラスウール系が多かったのですが、今では剛床の普及とともに、発泡プラスチック系が主流になっています。剛床(根太レス工法)=発泡プラスチック系と考えて良いでしょう。 (グラスウール系断熱材も床に使うものはありますが、ボード状になっており、それなりに硬いです。)

・屋根に使われる断熱材料は非常に少なく、ほとんどは発泡プラスチック系断熱材か、現場発泡ウレタンや、セルロースファイバーを使った屋根下への断熱が使われます。

・天井に敷き込む天井断熱は、ほとんどがグラスウール、ロックウールなどの繊維系断熱材です。

  

繊維系断熱材

・グラスウールはもっとも代表的な断熱材ですね。扱いやすく、断熱性能が同じであるという状態でそれぞれの製品を比較すれば、断熱材の中ではもっとも価格の安い部類ではないでしょうか。室内側に防湿気密シートが必要なのですが、省エネ対応のグラスウール製品であれば、製品の袋になっている厚い防湿気密シートがそのまま使え、改めて防湿気密シートを施工する必要がありません。

・ロックウールは、三井ホームがずっと使い続けています。グラスウールよりも少し高いのと、次世代仕様では防湿気密シートが必要なので、ロックウールを張り、さらに防湿気密シートを施工する必要があるため、手間がかかりますが、気密性は上記の方法よりも高まります。

・現場発泡ウレタンは、高い材料ですが、責任施工なので安心して工事を見ておける材料です。吹きつけなので断熱欠損も入れ忘れという施工不良も起こりません。また、指定された厚みを確保するために少し厚く吹く傾向がありますから指定値よりも断熱性能のおまけがつきます。断熱性と気密性の両方を一度に確保できる工法です。

・セルロースファイバーは、新聞古紙などを原材料にした調湿性の高い断熱材です。しっくいや珪藻土の内装仕上げと組み合わせると効果大。さらに外壁は合板など使わず透湿防水シートそのままだと、なおさら透湿性が高まり効果が大きいです。断熱+調湿を期待したい場合に最適です。ただし、高いです。 もっともこの調湿効果というのも、断熱と同じで直感的に理解しにくいですね。健康志向、研究派施主の間でブームでしょうか。

・裸のグラスウールと防湿気密シートの組み合わせは、施工時にチクチクして大工さんはいやがりますが、どんなすき間でも入れられ、防湿気密シートを施工すれば繊維系断熱施工としては完璧な施工が可能です。輸入住宅系で、かつ、断熱性能を意識したハウスメーカーでしか採用していません。

・吹き込み断熱は、グラスウールやロックウール、セルロースファイバーも使われます。厚みをいくらでも厚くできるため高断熱のためのより断熱性能を高めるための方法と考えるとよいでしょう。写真の断熱材の厚みは300mmです。
300mmも吹けば夏の暑さなんか完璧シャットアウトですね!!私の家は「住宅エコポイント」り次世代だから快適だ〜なんて勝手に想像だけしていちゃ駄目ですよ。上には上がいる・・・。トレードオフ制度を使った次世代では、夏の2階の暑さは1ランク下の新省エネとそれほど変わりません。

  

プラスチック系断熱材

 プラスチック系断熱材には、スタイロフォーム等々商品名がありますが、基本的には似たような製品です。簡単な話が保冷パックの発泡スチロールによく似ていますが、もっと高密度です。
そして、密度が高いほど断熱性能も上がり、同時に価格も上がります。

 ただ、曲線加工はできないので、使用できる範囲は床面や外断熱など限定的になります。


  断熱の基礎知識  
住まいの水先案内人・エンドパネル