断熱、結露、シックハウス-断熱と暖房住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去100年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
省エネ住宅は当たり前
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱基準の歴史と記号
地域区分と断熱基準
断熱の方法と場所
断熱材料、性能とコスト
・断熱材のいろいろ、施工特性
・ZEH(ゼッチ)の基礎

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材への疑問と実験
熱に関する基礎知識
遮熱材のポイント

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
発泡ウレタン断熱の盲点
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱


 

 

 
断熱の基準と記号
地域区分

 日本列島は南北に長く、それぞれの自然環境は大きく異なります。
 また、同じ都道府県エリアでも平野部と山間部でも自然環境は大きく異なっています。。
 そのため、断熱の基準値を8つに分け、それぞれのエリアに適した地域を市町村単位で指定しています。(注:地図は割愛していますが、沖縄県は地域区分8になります)

 全国の市町村単位で区分されているので、非常に細かなエリア分けになっています。
 また、政令指定都市レベルの大都市では、区単位で地域区分が異なっている都市もあります。

断熱の基準

 下の表は、それぞれの地域区分に必要な断熱性能です。
●UA値(外皮平均熱貫流率)
  建物の外周部に求められる断熱性能で、数値が少なくなるほど高性能な建物断熱が必要になります。
断熱材の厚み(目安)は、断熱材を選択するいくつかの方法の中野「仕様規定」という方法で定められている断熱材の厚みを記載しています。8つの地域区分の断熱材の厚みの目安としてご覧下さい。
サッシの性能(目安)も同様です。寒冷地に行くほど高性能なサッシが必要になっています。

●ηA値(冷房期の平均日射取得率)
 日射遮蔽に対する基準で、5地域から以南だけに適用されます。

●ZEH住宅のUA値基準
 ZEH住宅の基準で家を建てる際の「UA値」の基準です。平成28年基準(断熱等級4)」。いわゆる省エネ住宅の基準よりも厳しい基準が設けられています。

  


  そして、次のような傾向があることがわかります。
・日本の大部分の地域は5.6.7地域で、求められる断熱性能はよく似ている
 上の表は、県庁所在地の都市がどの地域区分に該当しているかも割り振っていますが、実は多くは5.6.7地域に含まれており、建物に必要な断熱性能はほとんど同じである事がわかります。
・寒冷地は、高性能サッシが必要
上の表の1から8地域の断熱材の厚みを比較してみると、1.2地域を除いては、同等の断熱材で良いことになりますが、サッシの性能は寒冷地に行くほどより高性能なサッシが必要になります。


  断熱の基礎知識  
住まいの水先案内人・エンドパネル