断熱、結露、シックハウス-断熱と暖房住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去100年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
省エネ住宅は当たり前
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱基準の歴史と記号
地域区分と断熱基準
断熱の方法と場所
断熱材料、性能とコスト
・断熱材のいろいろ、施工特性
・ZEH(ゼッチ)の基礎

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材への疑問と実験
熱に関する基礎知識
遮熱材のポイント

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
発泡ウレタン断熱の盲点
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱


 

 

 
断熱と暖房-断熱化の効果とコスト
■断熱の区分
■建築基準法では無規定
日本では、省エネルギーが叫ばれるたびに新しい断熱の指針が出来、今では4つの段階の断熱区分が生まれています。なお、建物を規制している法律、建築基準法では断熱に関する規定はありません。そのため、断熱材を入れなくても違法ではありません。


旧省エネルギー仕様(フラット35)
昭和55年当時に出来た法律が基準としたのが、今で言う旧省エネルギー仕様と呼ばれる断熱性能です、フラット35の住宅ローンを組む場合でも、最低限、この基準を満たす必要があります。
断熱地域区分−1
.
W地域
天井 45
外壁 35
30

この表はW地域で必要なグラスウール断熱材の厚みです。

 


■省エネルギー仕様
平成4年に改訂された法律が基準になっている仕様で、昔の公庫省エネルギー仕様がこの基準を使っています。
断熱地域区分−1
.
W地域
天井
100
外壁
70
90

この表はW地域で必要なグラスウール断熱材の厚みです。

注:現実に全ての部分を同じ断熱材で行うことはありませんが、この表では、比較を容易にするために、全てをグラスウール(10K)で表現しています。
T地域のみ、気密住宅とし、他は気密住宅ではありません。
T以外の地域で気密住宅にすれば、断熱材の厚みは約70%程度にすることが出来ますが、気密化工事が必要になってきます。

 


■次世代省エネルギー仕様
平成11年に改訂された法律がきじゅんとしているもので、次世代型省エネルギー基準と呼ばれています。 高断熱・高気密住宅とも言われています。長期優良住宅で必要な仕様です。
次世代型は、上の一般型と異なり、地域は分けていますが、その中の市町村毎に地域を指定しています。
.
W地域
天井
210
外壁
115
175

この表はW地域で必要なグラスウール断熱材の厚みです。

注:次世代型では、内断熱工法と外断熱工法で断熱材の厚みが異なります。
グラスウール(10K)の場合の厚みです。
この表では、内断熱工法で比較しています。

 


■平成28年基準
平成25年に改訂された法律で、「建築物省エネ法」となりました。
断熱計算の方法が変更され、地域区分も以前よりも細かく指定されたものの、必要な断熱材の厚みは、上の「次世代省エネルギー仕様」とほぼ同じです。
次世代省エネルギー仕様と比較して、地域区分がより細かくなった。計算方法が変わったが、断熱材の厚みはほとんど変わっていない、と考えれば良いです。




■断熱性能比較とコスト検証

上記のように、断熱には法律が準じ改訂されていく過程で断熱無しの段階から、次世代省エネルギー仕様(平成28年基準も同等性能)の住宅まで4つの仕様が作られてきました。

上の表のW地域の外壁の断熱材の厚みの変化をみれば一目瞭然ですが、断熱化か進むほど、断熱材の厚みも暑くなっていくのがわかると思います。

上 の3つのケースをモデルプランで、代熱性能の比較とコストシミュレーションしてみましょう。
注)単価は、地域、工事業者などによって異なるため、 あくまで、概算的な目安とお考えください。

条件
地域...東京、大阪などW地域の住宅
工法...在来木造住宅 2階建て
延床面積.35坪の総2階建て
断熱工法.内断熱工法(充填工法)と外断熱工法の比較
     どちらもフラット35最低基準以外は、窓は、一般サッシ+二重サッシにしている。

東京、大阪などW地域の住宅 公庫最低基準
フラット35仕様
省エネルギー仕様
次世代省エネルギー仕様
(平成28年基準もほぼ同じ)
外壁の断熱材の厚み
35mm
75mm
115mm
1時間に逃げていく熱量(内外温度差15℃)
1.38倍
1.0倍
0.65倍
コスト−1(内断熱工法)
19万円
65万円
92万円
コスト−2(外断熱工法)
.
115万円
130万円

注:高断熱化のコストアップ要因
断熱サッシ、樹脂サッシ、木製サッシなどを使用すると価格は大きくアップします。 高断熱化で、もっともコストがアップする要素は、断熱材の厚みではなく、サッシやドアの高断熱化や全熱交換タイプの換気扇などを導入することによるものです。


  断熱と暖房  
住まいの水先案内人・エンドパネル